看護協会のeナースセンターだけで転職活動するべきではない理由

日本看護協会e-ナースセンター(ナースバンク)やハローワークだけを利用しての転職は失敗する場合があります。
利用してはいけないと言っているのではなく、ナースバンクだけを使うのは自分に合った病院を見つける可能性を自ら狭めてしまうからです。 その理由は以下3点。

【理由1】条件の良い案件はナースバンクには下りてこない

残念ながらナースバンク(e-ナースセンター)で良い案件に巡り会う確率はかなり低いです。
というのも、よく考えれば分かりますが優良求人案件は応募が殺到してしまうため、多くの目にさらすと病院側も面接対応や断りの連絡を入れるのに労力が割かれすぎてしまうため多くの人が利用するナースバンクやハローワークへ良い条件の求人案件は下ろせないからです。
そこで応募が殺到しそうな条件の良い案件は「非公開求人」という扱いで民間の求人サイトの担当とスキルを満たす人だけに応募してもらうように調整しているわけです。こういった好条件の案件に巡り会うには民間の求人サービスも併用するしかありません。

【理由2】日本看護協会は「転職のプロ」ではない

ナースバンクやe-ナースセンターを運営している日本看護協会は看護についてはプロでも転職についてはプロではありません。そのため面接対策や入職にあたっての細かな条件のすりあわせといったことについては「病院に直接聞いてください」と言われてしまうことが殆どで、病院紹介以上のことは期待できず全て自分の力で対策&交渉する必要性があります。結果的に妥協の連続になりがちで、転職に失敗する要因となります。

【理由3】入職してみたら『話しと全然違った』ということも…

ナースバンク/ナースセンターでは各病院から提示されてくる「表向きの情報」までしか教えてくれません。転職にあたって過去にどういうトラブルがあったとか、そういう本当に知りたい病院の内情については教えてくれないため、入ってみたら実は「条件と全く違った」ということを経験している人も多いはずです。
求人募集している病院のなかには「職場環境が悪く毎月看護師が辞めていくから毎月補充が必要」というところも多いため、そういった病院の内情について知らずに転職を決めるのは怖いものです。

おすすめの看護師求人サイト

看護師求人サイト サービスの特徴
看護のお仕事
転職コンサルタントのレベルが高い!
残業無し・週休二日など仕事環境重視の方に選ばれています

北海道から沖縄まで全国対応

●転職を急いでいる方もすぐに入職できる病院を把握しています
●求人情報にない病院でも交渉してもらえます
●ブランクがあっても大丈夫!色んなニーズに担当者が応えてくれました

ナースフル
信頼度・認知度ナンバー1!
正社員だけでなく、パート・夜勤専従の求人も多い!

対応地域: 全国対応

●リクルートグループのブランドで求人数が非常に多い
●単発のバイトなど、様々な働き方の求人を多数抱える
●子育てしながら働きたいナースにもよく利用されています

ナースではたらこ
楽天リサーチによる顧客満足度ランキングで1位を獲得
非公開求人数が多く、高給与求人多数有り

北海道から沖縄まで全国対応

●楽天リサーチで3年連続「満足度No.1」の高評価
●交渉力があるので、直接この病院で働きたい!と逆指名することが可能
●常勤・非常勤どちらもご紹介可能

求人サイトはどこでも一緒・・・なわけない!!!

民間の求人サイトの中には強引に転職を急がせようとする「けしからん業者」や、求人案件が少なすぎてeナースセンターを使うのとそう変わらない利用価値の薄いものもあります。
せっかくeナースセンターでは足らない部分を補うために民間の求人サービスも使うわけですから、非公開求人数が多く、実際にその求人サイトを利用して転職した人の満足度が高いところを使わなければ意味がありませんよね。
利用者の評価が高いところでいうと看護roo!は良い評価をしている人が多いので、対応エリアは限られますが関東・関西・東海エリアで就職される方は看護roo!は登録しておくとよいかもしれません。

【厳選】仲間うちで利用者が多かった紹介会社は以下

看護師仲間に「eナースセンター以外でどこを使った?」と聞いて評判が良かった求人サイトを厳選して1つだけピックアップします。無料で利用できますし、合わない担当者だったら登録の解除もすぐできます。とりあえず1つだけ登録してみて、相性が悪かったら別の所に乗り換えるのが良いでしょう。どこが一番良いと絶対的に言えるものではなく、自分と相性の良い担当者に巡り会ったところや、希望する条件の病院が見つかる求人サイトがあなたにとって一番です。良い担当者と巡り会えるとホント心強いですよ!

看護のお仕事 (厚生労働大臣許可13-ユ−302698)

看護のお仕事はかなり条件の融通が利くことで有名ですので最もオススメです。
残業なし、夜勤なし、週休二日といった条件はもちろん、病院内部の情報もかなり抑えており、給与よりも人間関係を重視する方には離職率の低い病院を紹介してくれたりと融通が利きます。 今なら転職に成功すると5万円の報奨金付きなのも地味ですが見逃せません。
もちろん案件情報としてなくても希望する病院があれば、直接その病院にも交渉してくれます。 全国対応もしてますので、ここは登録しておきたいところです。

◆こんな方におすすめ
・給与の高さよりも残業無し・週休二日など仕事環境重視の方
・在職中に転職活動をされる方
・面接対策から履歴書の書き方、日程調整など全ての転職活動のサポートを受けたい方。

 

看護師関連コラム

看護師になった友人は婦長クラスに

私は看護師なので、知り合いにはやはり看護師や検査技師など医療関係の仕事に就いている人が多いです。 学生時代の医療の勉強や試験は、寝る間もないくらい大変だったようですが、いざ就職するとなると引く手あまたの職業なので良いなと思います。 看護師になった友人は今となっては病院でも婦長クラスの大ベテランです。 同年代の女性で責任のある仕事を任されているということで素晴らしいなと尊敬します。 やりがいのある仕事と、それに見合う収入の両方を手に入れることができる職業だと言えますね。

私が看護師を目指したきっかけ

看護師の資格を取得してから約10年の月日が経とうとしています。 私が看護婦という職業を目指したのは入院がきっかけでした。  10代のころ、自転車の事故で足を骨折してしまい、半月ほどの入院を余儀なくされました。 毎日病院のベットでの生活はつまらなく、お見舞いに来た人が帰っていく姿はうらやましく感じました。 その時一番接した人が看護師の方でした。 医療にかかわる姿勢がとてもかっこよく、こんな人になりたい。 と強く思い、看護師を目指しました。

育児と仕事を両立する看護師さん達

娘がしょっちゅう入院する子で、先生や看護師さんたちとは顔見知りになってしまいました。 看護師さんって皆さんとっても親しみやすくて、 特に小児科の看護師さんたちは優しい方ばかりでした。 娘が入院している病院の看護師さんは、若くて小さい子供を持つ お母さんが多かったです。 それなのに皆さん夜勤もこなされていて、同じ小さい子供を持つ母 として、尊敬しました。 育児と仕事の両立は大変だろうに、皆さん生き生きされていて、 素敵な女性ばかりでした。

助産師の年収について

看護師と助産師の年収を比べてみましょう。看護師よりも多く「資格手当」がつきます。病院によって異なりますが、だいたい5000円から10000円くらいが相場のようです。また、出産介助1回につき「分娩手当」がつきます。同じ病院で勤務する看護師と助産師の年収を比べた場合、助産師のほうが年収は高くなります。また、助産師の中には助産院を開設したいという人もいらっしゃると思います。その場合は年収は変わってくるでしょう。現在少子化が問題になっており、お産の数も減少しています。そのため安定した収入を得ることは難しいかもしれません。逆を言えば、少子化のあおりを受けて産科が激減しています。そこで助産院を開設すれば安定した収入を得ることができるという考え方もできます。女性が働く助産院ならではのサービスや気配りが経営にかかわってくるかもしれません。助産院を開設した場合は、経営状態によるため平均年収を出すことが難しいと言えます。

出産難民にならないために

出産難民という言葉に、聞き覚えはありませんか。少子化社会の影響のせいか、産科医の減少によって適切なお産場所が見つかずに困っている妊婦さんたちのことです。産科にかかっているからといって、安心してはいけません。診察のみで、分娩や入院には対応できないクリニックも多いからです。また分娩のできる病院でも予約件数に制限のある場所もあります。お産は母子にとっての一大事です。しっかりと情報収集し、健康な赤ちゃんを産みましょう。妊娠期間中は色々と大変です。赤ちゃんを産むことをあらかじめ予定しているのなら、妊娠前に病院のリサーチをしても早すぎるということはありません。余裕をもってお産に望みたいですよね。病院選びのポイントは自宅からの距離です。陣痛を感じてから、病院へたどり着くまでの間、とても不安な気持ちになるかもしれません。少しでも早く病院に到着できれば安心できます。いくつか病院の候補が選べるようなら、それぞれを比較してみましょう。産後のケアが充実しているか、医師のコンセプトが自分の考えと合っているか。身近に出産を経験した人がいれば、病院の情報を教えてもらうのも良いですね。

看護関係のサイト